映画監督田中光敏氏による講演会「映像と町おこしについて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、映画監督田中光敏さん(「海難1890」「サクラサク」)の講演会で助手を務めさせて頂きました。田中監督は全国各地で地方を舞台にした映画を撮られている監督で、福井でも美浜町やあわら市での製作実績がある方です。

映画での町おこしを主に活動している私にとっても非常にためになる講演で多くのヒントを得ることができました。講演会レポートのショートバージョンは田中監督のホームページに掲載されておりますので、当ホームページにはもう少し内容を深めたロングバージョンを掲載いたします。(※掲載許可は頂いております)

《田中光敏監督基調講演レポート》

去る11月18日、ふくい南青山291にて全国アンテナショップ連絡会が開催され、各地の店舗関係者およそ30名が一堂に会しました。本日はその中で行われた映画監督の田中光敏氏による基調講演の模様をご報告いたします。

「僕の作品は全部、舞台となる町の人たちが故郷を愛しその良さを他の人たちに伝えたいと思い作られています」と語る田中監督は、最近”故郷”についてよく考えられるそうです。講演は監督が手掛けた初期の作品から最新作「海難1890」までを辿る形で始まりました。その中で一貫しておっしゃられていたことは、どの作品のロケでも非常にたくさんの市町村からバックアップがありお礼の申し分がないということでした。

「精霊流し」では祭りを実際に再現するため、5,000名ものエキストラに協力して頂き、「サクラサク」では町民を中心に登録された1,800名の応援隊に、炊き出しから交通整理、エキストラ出演まで手広く支援して頂いたそうです。

特に「サクラサク」でラストシーンの舞台となった福井県三方郡美浜町は、撮影協力だけでなく出資まで行う程の応援体制でした。監督によるとこうした一自治体による作品への出資は映画界でも極めて珍しく、美浜町が初めてだったそうです。その甲斐もあってか、映画完成から3年が経つ今でも町や教育機関での上映が続けられているとのことです。

美浜町民がいかに自分たちの町を自分たちの手で盛り上げようとしていたかを熱弁されたところで、話題は監督の地元北海道浦河郡浦河町のPR動画に移ります。作品製作にあたり町の人に「こんな何もないところでどういう風にPRビデオを作りますか?」と訊ねられた監督は、まず大人たちが自分の住んでいる町に自信を持ちPRすべきだと強く訴えかけたそうです。作品は地元出身の著名俳優の協力も得て、完成尺に対し通常の撮影期間を大幅に上回る1年(のべ撮影日数1ヶ月)もの歳月をかけ丁寧に仕上げられました。

他に福井県あわら市の市民や全国にいる芦原温泉のファンと一丸となり製作された観光ショートムービー「AWARA HAPPY FILM」の撮影秘話が紹介されました。監督はこのように地域と手を取り合いながら作る作品に対し、「映画は決して主人公ではなく本当の主人公は町にいる人たち」だとおっしゃられていました。

監督は最後に永六輔氏や坂口安吾氏などの著名人による故郷を表した5つの名言を取り上げ、「人々にとって故郷はとても大切なところです。アンテナショップの皆さんには、大切な地元のものを欲しいと思った時、寄り添いたいなと思った時に僕たちの心を少しでも癒して頂ければ幸いです」と締めくくり、1時間に渡る基調講演は幕を閉じました。

“映画で敦賀を盛り上げる”をテーマに一人の映画人として修業中の私ですが、今回田中監督の映画に対する熱い姿勢と数々の実績についてお話を伺い、多くの刺激と今後の身の振り方におけるヒントを得ることができました。この経験を生かし、引き続き敦賀の映画による町おこしに尽力していきたいと思います。

文責:山下大裕

~ DYC INFOMATION ~

YouTube公式チャンネル開設! 主に山下大裕が撮影した映像作品・予告編等を配信します。
LINE@アカウント開設! 当ブログの更新通知をLINEでお届けします。

[colwrap]
[col2]ブログランキング参加中!
[/col2]
[col2]ブログランキング・にほんブログ村へ[/col2]
[/colwrap]
この記事があなたの役に立ったらクリックをお願いします↑(1日1クリックまで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ABOUT ME

鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. 先週より放映開始となったNHK大河ドラマ『西郷どん』ですが、オープニング(タイトルバック)に抜擢され…
  2. 2017年7月1日に本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊に着任した私は、本日2017年12月…
  3. 前回に引き続きパノラマVR写真をご紹介したいと思います。南大隅町 大浜海水浴場(2017年1…
  4. 7月から生活環境がガラッと変わり慌ただしい日々を送っておりますが私は元気です。前回の投稿から1ヶ…
  5. 以前ご報告させて頂いた地域おこし協力隊着任の件ですが、本日より派遣先を発表できるようになりました…
  6. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  7. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
  8. 敦賀赤レンガ倉庫の「海鮮Dining 生け簀の甲羅(いけすのこうら)赤レンガ店」へ行ってきました。…
  9. 昨日、母校である日本映画大学から今年の大学案内が届きました。中を開いてみると4ページの"映画の未…
  10. 最近は映画関係の記事ばかりでしたが、今回は別の話題を。というのも先日大変貴重な(痛い)経験をしま…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る