“未来の映画製作者たちへ” 堤幸彦監督の映画製作セミナーに行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日は『20世紀少年』『TRICK』『SPEC』『天空の蜂』など多彩な映画を撮られている堤幸彦監督の映画製作セミナーに行ってきました。

会場は横浜・みなとみない駅から徒歩8分のところにあるブリリアショートショートシアターです。こちらは今回初めて来ましたがブラックとレッドの2色で彩られたとてもカッコいい映画館で一目惚れしてしまいました。ちょっと高めではありますが劇場レンタルも行っているようなので今後何かの折に是非使いたいと思いました。

さて本題に移りましょう。

CINEMA EOS SYSTEM presents 堤幸彦監督 映画製作セミナー

IMG_0593_R_20160226202753fee

今回のセミナーはPFF(ぴあフィルムフェスティバル)のFacebookページを見て2月の頭に知りました。
“このセミナーを、未来の映画製作者たちへ”ということでまさに我々のためのイベントだと思いすぐさま予約を入れました。

セミナーは堤監督の他、堤組のスクリプター(記録担当)の女性が2名と現場編集(撮影現場で映像を仮編集する方)の女性が1名登壇され、進行は別の映像ジャーナリストの方が行っていました。堤組は現場編集を行いながら撮っていく映画では珍しいタイプだそうでその理由や利点などを語られていました。現場編集の似内千晶さんはなんと映画『物置のピアノ』の監督さんでした。この映画は日本映画学校の卒業生が撮った作品ということで知っていました。監督を行う傍ら堤組でもご活躍されているそうです。

セミナーでは過去作品のメイキングなどを見ながら撮影時のエピソードなどをお話されていた堤監督。撮影はほとんど同じスタッフで行っているとのことで(スタッフは)家族みたいなものだ、とおっしゃっていたのが印象的でした。その上で、映画を作るには同じ船に乗れる仲間を見つけることが大事だとおっしゃられていました。堤監督とスタッフさんがお互いに冗談を挟み合ったりしながら和気藹々と進められるセミナーを見ていると、この言葉はとても説得力がありました。

またもう一つ印象に残ったことがあります。それは堤監督もスクリプターの方も『仕事が辛いと思うことはないですか』という質問に対して、好きなことをやっているので辛いとは思わないとおっしゃっていたことです。これはもうどんな仕事でもそうなのだということを今日改めて思い知らされました。物事を極めるためには自分にとって本当に好きなことをやることが大事であり、好きなことでないと良いものも生み出せないし、それ以前に長く続かないはずです。きっと大変なことはいくらもあるでしょうがその大変さよりも好きだという思いがほんの少し上回っているからこそ続けていけるのだと思います。この一言は私にとっても励みになるコメントでした。

このように真面目な話もありつつ、スクリプターの方が『しいて言うなら100人のスタッフがいる現場で仮設トイレが1つしかなくてトイレに行けず辛かった』などと笑い話にもっていったりとセミナーは終始和やかな雰囲気で進んでいき、堤組の色を垣間見ることができました。他にも面白い話がありましたが、感想はこのぐらいにしておきます。

セミナーの冒頭で最近還暦を迎えられたとおっしゃっていた堤監督ですが、時代の最先端に目を向けまだまだ新たなものを探し求めている姿はとてもいきいきとしており、プロとして第一線に立っている方のオーラを強く感じるとても良い機会となりました。

IMG_0594_R_20160226202755c58
入口に設置されていたオリジナル自販機がお洒落で写真を撮ってしまいました。


【お知らせ】山下大裕初監督作品『SNOWGIRL』大阪初上映&東京再上映決定!【東京上映まで8日】
CINE DRIVE 2016 インディペンデント映画祭 ~ 知らない監督や役者、自主映画って面白いの? ~
*東京上映* 3月5日(土) 高円寺Pundit’ 16:00~17:02  3月6日(日) 高円寺Grain 15:30~16:32
*大阪上映* 3月12日(土) プラネット+1 16:00~17:02  3月13日(日) 天劇キネマトロン 10:00~11:02
【チケット】3枚綴りの鑑賞券+ドリンク券付…前売1,000円/当日1,500円 前売予約はこちらをクリック!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. 今年度最後の日(3月31日)に私がこれまで監督してきた作品の一日限定上映会を鹿児島市のガーデンズ…
  2. 今月末(2月23日・24日)の地域おこし協力隊活動報告会の後の日曜日に私がこれまで監督してきた作品の…
  3. ついに!ついに南大隅映画、情報解禁です!南大隅町民の皆さん、明日の新聞や朝のニュース、要チェックです…
  4. びっくりするニュースが入ってまいりました!なんと我が町南大隅町で全国公開映画が製作決定!作品…
  5. 一日の間でこんなに何度もうるっときたのはいつぶりだろう…2018年1月20日(土)かごしま県…
  6. 先週より放映開始となったNHK大河ドラマ『西郷どん』ですが、オープニング(タイトルバック)に抜擢され…
  7. 2017年7月1日に本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊に着任した私は、本日2017年12月…
  8. 前回に引き続きパノラマVR写真をご紹介したいと思います。南大隅町 大浜海水浴場(2017年1…
  9. 7月から生活環境がガラッと変わり慌ただしい日々を送っておりますが私は元気です。前回の投稿から1ヶ…
  10. 以前ご報告させて頂いた地域おこし協力隊着任の件ですが、本日より派遣先を発表できるようになりました…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る