憧れの映画人 大林宣彦監督との出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、YouTubeで2016区長新春対談(クリックで世田谷区のYouTube動画にジャンプします)を見ました。
世田谷区長がゲストと対談する新春恒例の企画に今年は映画作家の大林宣彦さんが迎えられました。
大林さんは世田谷に55年住まわれているそうです。

40分を超える対談の中では昨年世田谷にオープンした平和資料館の話や映画の話、世田谷の話などが取り上げられています。要約文はこちら→http://www.city.setagaya.lg.jp/static/oshirase20160101/p02_001.html

これまで尾道3部作をはじめ、たくさんの古里映画を撮られている大林監督、私にとって憧れの監督です。来年夏には佐賀県の唐津を舞台にした新作「花筐(はながたみ)」の撮影を控えているそうです。

“新しいことをやるのには何の抵抗もない”

対談の中で大林監督がおっしゃっていますが私も全く同じように思います。
今日はそんな憧れの大林監督に初めてお会いした時のことを書きたいと思います。

それは昨年の7月19日でした。

大林宣彦×中川右介×大林千茱萸 「いかに仕事を面白くし、人生を愉しむか」
『大林宣彦の体験的仕事論』(PHP新書)刊行記念トークイベント

下北沢のレトロな本屋で開かれたトークイベントで質疑応答の際に初めて大林監督と言葉を交わしました。ここだけ抜粋すると語弊があるかもしれませんが、トークの中で『市長になりたいやつが市長になるな』というお話が出たのでその流れで質問をしてみました。

私:『映画監督になりたい』と考えることはどうなのでしょうか?

大林監督:僕に言わせれば伝えたいことを映画を使って(世の中に)伝える。銀行員になるよりも映画で対話することに魅力を感じるならば映画の道に進めばいい。

映画監督になりたいということを目標に置くのではなく、自身が世の中に伝えたいことを映画の力を借りて伝えていくというのが映画監督として生きる上での使命であるということに気付かされました。私はこれまでも映画監督という肩書きが欲しくて映画をやっていた訳ではありませんが、このお答えを聞いてすごく納得することができました。それに、銀行員になるよりも映画で対話することに魅力を感じるので、これからも映画の道を突き進んでいきたいと思います。

大林監督は、回答後このように続けられました。

80過ぎた黒澤監督は僕にこう言った。大林君、僕が400歳まで生きることができたなら世界を映画で平和にすることができる。しかし、僕も400年は生きられない。だから君がその続きをやってくれ。君だけで終わらなければ君の子や孫が続ければいい。そうしたらいつか平和な世界ができる。

映画をやるということはそういう伝統の中に入るということなんだよ。だから映画を全部見なければいけない。僕は全部見ている。過去に敬意を払わなければならない。

その上で、

僕と君でこれから何かが始まる可能性もあるんだよ。

ともおっしゃられました。このお言葉が今も強く心に残っています。

いつか近いうちに大林監督とご一緒できる日が来ることを心から願ってやみません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. 今年度最後の日(3月31日)に私がこれまで監督してきた作品の一日限定上映会を鹿児島市のガーデンズ…
  2. 今月末(2月23日・24日)の地域おこし協力隊活動報告会の後の日曜日に私がこれまで監督してきた作品の…
  3. ついに!ついに南大隅映画、情報解禁です!南大隅町民の皆さん、明日の新聞や朝のニュース、要チェックです…
  4. びっくりするニュースが入ってまいりました!なんと我が町南大隅町で全国公開映画が製作決定!作品…
  5. 一日の間でこんなに何度もうるっときたのはいつぶりだろう…2018年1月20日(土)かごしま県…
  6. 先週より放映開始となったNHK大河ドラマ『西郷どん』ですが、オープニング(タイトルバック)に抜擢され…
  7. 2017年7月1日に本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊に着任した私は、本日2017年12月…
  8. 前回に引き続きパノラマVR写真をご紹介したいと思います。南大隅町 大浜海水浴場(2017年1…
  9. 7月から生活環境がガラッと変わり慌ただしい日々を送っておりますが私は元気です。前回の投稿から1ヶ…
  10. 以前ご報告させて頂いた地域おこし協力隊着任の件ですが、本日より派遣先を発表できるようになりました…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る