「湯を沸かすほどの熱い愛」が上映されていない2県について思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年の圧倒的傑作映画

皆さん、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』はご存じですか?
作品を観ていない方も一風変わったタイトルが目に留まったのではないでしょうか。

本作は日本映画学校卒業生の中野量太監督による商業映画デビュー作品です。
キャストは主演の宮沢りえさんをはじめ、杉咲花さん、オダギリジョーさん、
松坂桃李さんなどと華やかです。

私は10月29日の公開に先立ち東京国際映画祭の会場で拝見したのですが、
ぶっちぎりで2016年ベストワンを飾る作品になりました。

劇場へ足を運んだ方だけが得られる満足感を残した予告編

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編

予告編を観ると真っ赤な背景にいきなり「余命2ヶ月」と出てくるので、
「あ、また病気で死んでしまう系の映画なのね」とジャンル分けされる方がいるかもしれません。
しかしこの作品はそこで片付けてしまっては非常にもったいない作品です。

映画予告編には見せ場を予告編でほぼ全部出ししてしまうものと、
劇場での見せ場をちゃんと取っておいてくれるものとの2種類あります。
その中で本作は後者であるということを言わせてください。

映画は作品ですが当然ビジネスでもあります。
これは極論ですがお客様に劇場へ足を運んで頂ければ興行収入として記録されます。
予告編で見せ場をほぼ全部出しして期待度を極限まで上げれば動員に多少は影響します。

その上で作品自体の中身がスカスカであったり予告編のロングVer.のようなものであったとしても、
(Twitterやレビューサイトにいろいろと書かれるかもしれませんが)数字にはなります。

こうしたその場しのぎ的な数字稼ぎに走り観客の期待を裏切り続けていくことが
映画鑑賞人口が増えないどころか減っていく理由の一つなのではないかとも思います。
(もちろん理由はそれだけではありません)

そんな中で商業的リスクを抱えながらも劇場に足を運ぶ観客のことを考慮し、
あえて見せ場を抑えた予告編に仕上げられている本作に映画への熱い愛を感じました。

この映画、何が良いの?

「良い、良いと言うのは分かったけど実際何が良いの?」と言われそうなので、
私が思う本作の魅力を簡潔にお伝えします。

昨今、病気による死を安易に扱った(つもりはないにしてもそう見える)作品が多い中で、
本作はいわゆる”余命もの”への挑戦とも言えるような作品に仕上がっています。

単に死が哀しいということだけでなく登場人物全員の人間味が広く描かれ共感を呼び、
喜怒哀楽が全て詰まった温かい作品です。また”余命もの”にありがちなシーンや展開をカット、
あるいは想像を超える形で膨らませ、且つ突飛なことをやればいいという方向だけに走らず、
心地よいところや意外なところに落とし込んでくれる点などが本作の魅力です。

余談ですが私は「ニュー・シネマ・パラダイス」ぐらいでしか泣いたことはありませんが、
本作にはやられました。泣きを売りにする訳ではありませんが参考までに。

この傑作が47都道府県のうち福井と鳥取でだけ上映されていません→その後福井追加決定!

なんということでしょう。全国公開といってもいろいろなくくり方があるので仕方ないですが、
47都道府県のうちこの2県だけ上映がなく、しかもうち1県が我が故郷福井であるとは残念です。

この投稿が効いたのか当初の予定通りだったのかどうかは分かりませんが、
12月8日の時点で本作公式HPの劇場情報を見たところ福井のテアトルサンクが追加されていました。
公開は2017/2/11(土)~ということで一番最後ですが、無事福井上映が決まったようで何よりです。

都市部が10月29日公開、その他地域(福井・鳥取を除く全国)が1月7日公開で、
福井と鳥取だけがこの枠に外れていたので上映されないのではないかと心配していました。
(ちなみに現時点でも鳥取での公開予定は確認できておりません)

福井の皆さん、是非この機会に本作をご覧ください。

私も高校卒業までの18年間福井県敦賀市に住んでいましたが、
地元の劇場で上映されているのは超メジャー級の大作だけでした。
そのため上京してから「~年の『~~~』っていう作品が良かったよね」などと
割と最近の映画の話を振られてもその作品の存在すら知らないということが多々ありました。

地元にいた頃は気付きもしませんでしたがこれは映画における地方格差だと思います。
とはいえ都内で観られる映画を全部地方で上映して欲しいと言うのは商業的にも厳しいと思います。

ただ本作のような素晴らしい映画に対し観るという選択肢がない場所が県レベルであるというのは、
非常にもったいないので超メジャー級の大作の上映回を1回削ってでも選りすぐりの作品を上映する
機会を確保して頂けるとありがたいと思います。

…と一観客目線で言っているだけではそう簡単に状況は変わらないので、
今後私なりにできることをしていきたいと思います。
[kanren postid=”554″]

~ DYC INFOMATION ~

YouTube公式チャンネル開設! 主に山下大裕が撮影した映像作品・予告編等を配信します。
LINE@アカウント開設! 当ブログの更新通知をLINEでお届けします。

[colwrap]
[col2]ブログランキング参加中!
[/col2]
[col2]ブログランキング・にほんブログ村へ[/col2]
[/colwrap]
この記事があなたの役に立ったらクリックをお願いします↑(1日1クリックまで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、24歳。福井県敦賀市出身、東京在住。福井県立敦賀高等学校普通科を経て日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督。その2年後、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し現在『映画で敦賀を盛り上げる』をテーマに日々奮闘中。

この著者の最新の記事

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ABOUT ME

南大隅町地域おこし協力隊 7月~
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督。その2年後、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在、福井県敦賀市の委託を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全4話)を製作中。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

敦賀のMastodonを開設!

『つるが.net』(Mastodon)
この度、話題の新SNS『Mastodon(マストドン)』『つるが.net』を開設いたしました。敦賀市民はもちろん敦賀出身者やそれ以外の方もお気軽にご参加ください。ご登録はこちらからどうぞ!

運営者:DYCエンターテインメント 代表 山下大裕

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. 7月から生活環境がガラッと変わり慌ただしい日々を送っておりますが私は元気です。前回の投稿から1ヶ…
  2. 以前ご報告させて頂いた地域おこし協力隊着任の件ですが、本日より派遣先を発表できるようになりました…
  3. 私は上京したての頃(かれこれ6年も経ちました)から、路上で歌っているミュージシャンを見かけると何とな…
  4. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  5. ちょっと長いので時間のある時にでも読んで頂ければ幸いです。東京で「敦賀を観光地として活性化さ…
  6. 現在、国の重要文化財である氣比神宮大鳥居(福井県敦賀市曙町)の美装化工事が行われています。氣比神…
  7. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
  8. 敦賀赤レンガ倉庫の「海鮮Dining 生け簀の甲羅(いけすのこうら)赤レンガ店」へ行ってきました。…
  9. 昨日、母校である日本映画大学から今年の大学案内が届きました。中を開いてみると4ページの"映画の未…
  10. 私は日常的に撮影を行っていますが皆さんは普段ビデオカメラを使うことってありますか?お子さんの学校…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る