当ブログでじわじわとアクセス数を稼いでいる意外な記事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

当ブログに新しい記事を投稿すると内容にもよりますが
だいたい1日100PV(閲覧者数)ぐらいになります。
いつもご覧頂いている皆様ありがとうございます。

それから日を追うごとに記事のアクセス数は減っていくのですが、
半年以上経ってもアクセス数が減らない記事が一つあります。それがこちらです。
[kanren postid=”2287″]

記事が半年前のものであるにも関わらずアクセスされ続けているということは、
Googleからキーワード検索で来てくださっていることが考えられます。
それだけ『意識高い系』というワードが検索に強いということですね。

自己啓発本を読んでいると意識高い系だと揶揄されがちですが私は全く気にせず読んでいます。

先日『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』を読みました。
キングコング西野亮廣さんが“バチクソに面白い”と薦めている本です。

なおバチクソとは中国地方の方言でものすごくという意味で、
決して汚い言葉ではありません。(思わず調べてしまいました)

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

著者は2003年から5年間、都内で義務教育初の民間校長を務められた藤原和博氏です。

要約すると、特定の分野で10000人に1人の人間になるのは難しいが、
ある分野で100人に1人そしてまた別のある分野で100人に1人になることで、
100×100=10000、つまり10000人に1人の人間になることができるという話です。

全てが頷ける内容とは言い切れませんが、参考になる考え方も確かにありました。

私における特定の分野はもちろん『映画』ですが、
それ以外に極めている別の分野は現状思い浮かびません。

しいて言うならば『町おこし』ですが、これはまだ『映画』に比べると知識が薄いと思います。
そして既に『映画』『町おこし』を絡めて動かれている映画監督も数名いらっしゃるので、
私が仮にこの2分野でそれぞれ100人に1人になれたとしても新鮮味はないかもしれません。

ということは、私がこの世の中でバリバリと生きていくためには、
さらに他の要素がないといけないということになります。

本書に書かれているような
『3つの分野で100人に1人の人間になれば100万人に1人の人間なれる』という
考え方は、誰にでも叶えられる可能性を残しているので面白いと思います。

私にとって第3の分野が何なのか、何をすれば良いのか、胸に手を当て考えていきたいと思います。

2020年全国公開へのカウントダウンは迫っている・・・・・・


カウントダウンタイマー

(自分を追い込むためカウントダウンを始めてみました)

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

~ DYC INFOMATION ~

DYCエンターテインメントマガジン(2017年版)発刊!
『映画監督山下大裕の2020年全国公開への道 Chapter 1 』【希望者へ無料送付中】

Blog_mini-01
マガジンの無料送付をご希望の方は、郵便番号、ご住所、お名前、希望部数を明記の上、
dycmovie@gmail.com までメールをお送りください。これを読めば山下大裕の全貌が分かる!?

YouTube公式チャンネル開設! 主に山下大裕が撮影した映像作品・予告編等を配信します。
LINE@アカウント開設! 当ブログの更新通知をLINEでお届けします。

[colwrap]
[col2]ブログランキング参加中!
[/col2]
[col2]ブログランキング・にほんブログ村へ[/col2]
[/colwrap]
この記事があなたの役に立ったらクリックをお願いします↑(1日1クリックまで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、24歳。福井県敦賀市出身、東京在住。福井県立敦賀高等学校普通科を経て日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督。その2年後、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し現在『映画で敦賀を盛り上げる』をテーマに日々奮闘中。

この著者の最新の記事

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ABOUT ME

鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

敦賀のMastodonを開設!

『つるが.net』(Mastodon)
この度、話題の新SNS『Mastodon(マストドン)』『つるが.net』を開設いたしました。敦賀市民はもちろん敦賀出身者やそれ以外の方もお気軽にご参加ください。ご登録はこちらからどうぞ!

運営者:DYCエンターテインメント 代表 山下大裕

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. 前回に引き続きパノラマVR写真をご紹介したいと思います。南大隅町 大浜海水浴場(2017年1…
  2. 7月から生活環境がガラッと変わり慌ただしい日々を送っておりますが私は元気です。前回の投稿から1ヶ…
  3. 以前ご報告させて頂いた地域おこし協力隊着任の件ですが、本日より派遣先を発表できるようになりました…
  4. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  5. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
  6. 敦賀赤レンガ倉庫の「海鮮Dining 生け簀の甲羅(いけすのこうら)赤レンガ店」へ行ってきました。…
  7. 昨日、母校である日本映画大学から今年の大学案内が届きました。中を開いてみると4ページの"映画の未…
  8. 最近は映画関係の記事ばかりでしたが、今回は別の話題を。というのも先日大変貴重な(痛い)経験をしま…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る