20時間超の自主映画鑑賞記~シネドライブ2016を終えて~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インディペンデント映画祭シネドライブ2016東京・大阪上映の期間中、全出品作40本のうち31本を鑑賞しました。31本分となると時間にしてなんと1,157分=19時間17分に及びます。試写で観た作品や2回観た作品もいくつかあるのですべて合わせると20数時間になるかと思います。これほど溺れるように自主映画を観たのは初めてでしたが本当にいろいろな作品があり楽しめました。

自作の上映時間の合間を縫って観たため全作観ることはできませんでしたが、私が観た31本の作品の中でのベストムービーは『高砂メモリーズ 万灯祭の夏』(70分)でした。こちらは兵庫県高砂市のフィルムコミッションが製作した高砂市のPRを兼ねた映画です。単に私自身がやりたいことに近いというのが選出理由ではなく、高校生の青春ものとしての魅力がありながら観光に関わるシーンも比較的違和感なく取り入れているところが良いと思いました。感動を呼ぶ場面やくすっと笑ってしまう場面もあり喜怒哀楽が揃った見応えのある作品だと思いました。他に、『虎穴にイラズンバ』 『暇乞い白書』 『愉快じゃない』なども完成度の高い作品だと思いました。これらの作品は31本の中でも特に刺激を受けた作品でした。

参考までに、私の鑑賞作品を列挙して終わりたいと思います。

*東京上映初日鑑賞作品*
『虎穴にイラズンバ』(65分)
『暇乞い白書』(60分)
『ミックス』(30分)
『星』(34分)
『SNOWGIRL』(62分)東京上映&トーク①
『ホロウェイ』(53分)
『幻獣ハンター神楽岡ヒミ子VS地獄の青竜軍団』(5分)

*東京上映2日目鑑賞作品*
『Funky Chickenは羽ばたかない』(15分)
『野方のあの子』(41分)
『僕が東京に住む理由』(5分)
『SNOWGIRL』(62分)東京上映&トーク②
『望まれない子』(52分)
『ふたりのしずか』(13分)
『プライベートルーム』(31分)
『橋龍さん、自分の出演映画を観る』(23分)
『サルトルの原稿用紙』(38分)
『灼日』(18分)
『ラプソディ・イン・ザ・ルーム』(68分)

*大阪上映1日目鑑賞作品*
『ライジングガールズ』(48分)
『君がくれたもの』(6分)
『すべてが私のもので愛は、何処か』(33分)
『愉快じゃない』(48分)
『SNOWGIRL』(62分)大阪上映&トーク①
『SNOWGIRL』(62分)大阪上映②

『ミックス』(30分)鑑賞2回目

*大阪上映2日目鑑賞作品*
『SNOWGIRL』(62分)大阪上映&トーク③
『誰か、僕を抱きしめてくれないか?』(30分)
『Sada』(30分)
『高砂メモリーズ 万灯祭の夏』(70分)
『このすばらしき世界』(16分)
『タウンリズム』(49分)
『面接』(25分)
『たむほりっく0』(30分)
『都合のいい物語』(13分)
『猫遊記地獄控』(43分)
『すべてが私のもので愛は、何処か』(33分)鑑賞2回目
『愉快じゃない』(48分)鑑賞2回目

(これらに加えて試写で『Someone』(105分)も鑑賞しました)

全31本 19時間17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. 今年度最後の日(3月31日)に私がこれまで監督してきた作品の一日限定上映会を鹿児島市のガーデンズ…
  2. 今月末(2月23日・24日)の地域おこし協力隊活動報告会の後の日曜日に私がこれまで監督してきた作品の…
  3. ついに!ついに南大隅映画、情報解禁です!南大隅町民の皆さん、明日の新聞や朝のニュース、要チェックです…
  4. びっくりするニュースが入ってまいりました!なんと我が町南大隅町で全国公開映画が製作決定!作品…
  5. 一日の間でこんなに何度もうるっときたのはいつぶりだろう…2018年1月20日(土)かごしま県…
  6. 先週より放映開始となったNHK大河ドラマ『西郷どん』ですが、オープニング(タイトルバック)に抜擢され…
  7. 2017年7月1日に本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊に着任した私は、本日2017年12月…
  8. 前回に引き続きパノラマVR写真をご紹介したいと思います。南大隅町 大浜海水浴場(2017年1…
  9. 7月から生活環境がガラッと変わり慌ただしい日々を送っておりますが私は元気です。前回の投稿から1ヶ…
  10. 以前ご報告させて頂いた地域おこし協力隊着任の件ですが、本日より派遣先を発表できるようになりました…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る