映画『SNOWGIRL』関連記事まとめ<後編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[kanren postid=”1687″]
※ここでは私が2013年に初監督した映画『SNOWGIRL』に関する記事を解説しながらまとめています。こちらは後編になりますので前編をまだご覧になっていない方は上記記事を先にご覧ください。


[kanren postid=”477″]
そして2016年1月1日よりYouTubeでの無料配信をスタートさせました。『SNOWGIRL』は自分の名刺代わりとも言える作品なのでこれをもっと多くの方々に気軽に観て頂こうと思いDVD販売ではなく無料配信という形を選びました。
[kanren postid=”511″]
この時点ではまだ情報解禁になっていなかったので言えませんでしたが新展開を考えていました。
[kanren postid=”568″]
無料配信ということもあってか勢いは好調で1ヶ月足らずのうちに1,000回の再生回数を達成しました。このペースは私が今までアップロードした動画の中で断トツ1位でした。裏を返せばタダなら観ますよという人が結構な割合でいたということなのかもしれませんが、作品を観てくださる方が増えることは製作者としては嬉しいものです。
[kanren postid=”619″]
新展開といっていたのはこれのことでした。CINEDRIVE2016という自主映画の映画祭で大阪初上映&東京再上映が決まりました。
[kanren postid=”623″]
[kanren postid=”652″]
チラシや上映スケジュールなどが立て続けにアップされました。『SNOWGIRL』は第5部の「町で生きる、或る人々の物語」というブロックで上映されることになりました。
[kanren postid=”666″]
映画祭の1週間前にシネドライブ2016の運営の方からコメントを頂きました。

“共に地元福井で育った作り手たちが制作した作品。役者の女性二人がとても良いです!映画見るときの大事な作者の気持ちが映っています。それを観れるのが映画の良いところなんだよなこんな映画の在り方って良いな、を実現できています。オリジナルで地元の映画!皆見て”
(シネドライブ2016公式Twitterより引用)

[kanren postid=”672″]
映画の良いところは完成した後にいろいろな方向で展開していけることです。
[kanren postid=”678″]
CINEDRIVE2016がいよいよ始まりました。
[kanren postid=”680″]
東京上映初日レポートです。
[kanren postid=”685″]
東京上映2日目レポートです。この日2日間で観た他の人の作品一覧もあります。
[kanren postid=”693″]
なんと東京上映で高円寺Grain賞を頂きました。映画『SNOWGIRL』ここにきて初の受賞です。こちらは東京上映会場の一つである高円寺Grainで上映された16プログラム計26本の中で店主の加藤真様より1本選んで頂いた賞です。

<高円寺Grain店主加藤真様の『SNOWGIRL』講評>
瑞々しさ、純度100%の作品。雪の敦賀の町と主演の双子姉妹の可愛らしさがマッチしている。
対照的な姉妹のキャラも魅力的。

[kanren postid=”696″]
[kanren postid=”704″]
『SNOWGIRL』の大阪上映は初めてでアウェーな土地だったので事前の告知活動をすべく大阪に前乗りしました。その時のレポートです。
[kanren postid=”717″]
大阪上映初日レポートです。高円寺Grain賞を受賞特典として通常の上映に加えシアターセブンでも上映されました。
[kanren postid=”726″]
大阪上映2日目レポートです。CINEDRIVE2016運営スタッフの皆様ありがとうございました。
[kanren postid=”728″]
CINEDRIVE2016の総括です。上映作品40本のうち31本を観ることができました。時間にしてなんと1,157分=19時間17分です。
[kanren postid=”747″]
[kanren postid=”759″]
[kanren postid=”761″]
[kanren postid=”769″]
それから日を追うごとに再生回数を伸ばし2016年6月20日の時点で6,911回をカウントしています。

長くなりましたが以上が映画『SNOWGIRL』に関する34本の記事のまとめになります。
いかがでしたか?本編をまだご覧になっていない方は是非お時間のある時にどうぞ!

『SNOWGIRL』本編(62分)

参考①『SNOWGIRL』制作スケジュール
2012年11月 企画立ち上げ
2012年12月 脚本制作
2013年1月 キャスティング及びスタッフィング
2013年2月13日~23日 撮影
2013年3月末 編集・完成・PFF(ぴあフィルムフェスティバル出品)

参考②映画『SNOWGIRL』完成後の展開
2013年4月8日~9日 東京・渋谷アップリンクファクトリーにて完成披露・東京初上映
2013年5月26日 福井・敦賀きらめきみなと館にて完成披露・福井初上映
2013年8月26日 総合イベント『INDIES JAPAN』にて上映(東京・渋谷)
2014年8月7日 日本映画大学学生自主映画祭にて神奈川初上映
2015年9月3日 次回作『弥生の虹』の完成披露に合わせて東京再上映
2015年9月27日 次回作『弥生の虹』の完成披露に合わせて敦賀再上映
2016年3月5日~6日 インディペンデント映画祭シネドライブ2016にて東京再上映
2016年3月12日~13日 インディペンデント映画祭シネドライブ2016にて大阪初上映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、26歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、26歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

アーカイブ

おすすめの記事

  1. TOPIC① 雄川の滝・佐多岬がサザエさんのオープニングに登場(9月末)TO…
  2. 突然ですが、舞台に出ます。(5年ぶり6度目)※こちらは地域おこし協力隊活動ではなく完全プライベー…
  3. 我が地元、福井県敦賀市での成果報告会が5日後に迫っておりちょっとバタバタしていますがここで一つお…
  4. いよいよ来週末開催となった『鹿児島移住生活成果報告会 in 敦賀』!※鹿児島開催ではなく福井県敦…
  5. ブログ更新が非常に滞っておりますが、皆さん私のことを覚えていますでしょうか。私は2017年7月1…
  6. びっくりするニュースが入ってまいりました!なんと我が町南大隅町で全国公開映画が製作決定!作品…
  7. 先週より放映開始となったNHK大河ドラマ『西郷どん』ですが、オープニング(タイトルバック)に抜擢され…
  8. 2017年7月1日に本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊に着任した私は、本日2017年12月…
  9. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  10. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る