Mastodon(マストドン)のメリットを1502字でまとめてみました【ポストTwitter】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年の4月中旬頃から一気に火が付きだしたMastodon(以下:マストドン)ですが、皆さんはご存知でしょうか。私がマストドンの盛り上がりにはっきりと気づいたのは4月20日でした。それ以前にもネットニュースなどで何度かMastodonというワードを見かけることはありましたがさほど気にしていませんでした。

しかし、その後ITmediaの『ポストTwitter? 急速に流行中「マストドン」とは』という記事を読み、この盛り上がり方はちょっと違うなと感じたのですぐさまmstdn.jpでアカウントを取得し実際に触ってみました。

ポストTwitterという表現のされ方とぱっと見のイメージで私も最初はTwitterのパクリかと思ってしまったのですが、いろいろと調べると明らかにTwitterと異なる点が多く次第にこれは画期的なシステムなのでは?と思うようになりました。

大きな違いを挙げると、まずTwitterの場合自分のツィートはフォロワーのタイムライン(フォロワーがリツィートした場合はそのさらにフォロワーのタイムライン)にしか表示されませんが、マストドンの場合自分の投稿(トゥートと言います)は連合タイムラインというそのインスタンス(要はグループのようなもの)に入っている人たち全員が閲覧できるタイムラインに表示されます。

つまり、フォロワーの数に限らず自分の投稿が人に届きやすくなったということです。

またFacebookやTwitterはそれぞれの会社が管理する権限を握って独自のルールで運営を行っていましたが、マストドンはこういった代表格となる会社が存在しません。誰でも自由にFacebookやTwitterのようなもの(インスタンス)を立ち上げることができ、ルールや運営指針も管理者が決めることができます。これを『分散型』(FacebookやTwitterは『中央集権型』)と言い、マストドンはポストTwitterであろうとささやかれています。

私自身、マストドンは今の時代に非常にマッチしたSNSだと思っています。”若者の~~離れ”という言葉は聞き飽きましたが、現代は嗜好の多様化が激しく若者ならコレだ!みたいなものは通用しない時代になっています。全員が車や時計を欲しがるわけではなく、結婚したがるわけではなく、酒やタバコに溺れたがるわけではありません。オリコンで450万枚以上の売り上げを記録した『およげたいやきくん』のような誰もが知っている曲が出てくる時代では全くないのです。

話題が逸れましたが、マストドンはそれぞれのジャンルごとにインスタンスを立ち上げることが可能です。となると、これからは次のようなことが可能になるのです。

あるところに1930年代の日本の切手だけを集めるのが趣味であるAさん(北海道在住)がいました。Aさんの周りには自分と同じ趣味を持つ仲間がおらず一人孤独な日々を過ごしていました。(注:孤独が悪いという意味ではありません)

Aさんは先に挙げた通り1930年代の日本の切手にだけ興味があるのでいわゆる普通の切手コレクターとは話が合いません。しかし、またあるところに1930年代の日本の切手だけを集めるのが趣味なBさん(沖縄県在住)がいました。

Aさんがマストドンの誕生を機に『1930年代の日本の切手コレクター専用』というインスタンスを立ち上げたところ、その存在を知ったBさんがユーザー登録をします。そして二人は熱い1930年代の日本の切手談義を交わし、お互いの親睦を深めていくのでした。

要はコアな趣味(趣味に限らずジャンルでも)を持った人同士が繋がりやすくなるということです。

ここまでをまとめると、マストドンによってフォロワーの数に限らず投稿が目に触れ、且つコアな趣味・ジャンルの人同士が繋がりやすくなることによる相乗効果で、本当に自分が求めている人や情報に触れやすくなるということです。

これは非常に画期的な仕組みだと思いませんか?


『つるが.net』(Mastodon)
この度、話題の新SNS『Mastodon(マストドン)』『つるが.net』を開設いたしました。敦賀市民はもちろん敦賀出身者やそれ以外の方もお気軽にご参加ください。ご登録はこちらからどうぞ!

運営者:DYCエンターテインメント 代表 山下大裕

これがマストドンだ! 使い方からインスタンスの作り方まで (NextPublishing)


~ DYC INFOMATION ~

DYCエンターテインメントマガジン(2017年版)発刊!
『映画監督山下大裕の2020年全国公開への道 Chapter 1 』【無料送付中!】

Blog_mini-01
マガジンの無料送付をご希望の方は、郵便番号、ご住所、お名前、希望部数を明記の上、
dycmovie@gmail.com までメールをお送りください。これを読めば山下大裕の全貌が分かる!?

YouTube公式チャンネル開設! 主に山下大裕が撮影した映像作品・予告編等を配信します。
LINE@アカウント開設! 当ブログの更新通知をLINEでお届けします。

ブログランキング参加中! ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事があなたの役に立ったらクリックをお願いします↑(1日1クリックまで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、25歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、26歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. ブログ更新が非常に滞っておりますが、皆さん私のことを覚えていますでしょうか。私は2017年7月1…
  2. びっくりするニュースが入ってまいりました!なんと我が町南大隅町で全国公開映画が製作決定!作品…
  3. 先週より放映開始となったNHK大河ドラマ『西郷どん』ですが、オープニング(タイトルバック)に抜擢され…
  4. 2017年7月1日に本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊に着任した私は、本日2017年12月…
  5. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  6. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
  7. 敦賀赤レンガ倉庫の「海鮮Dining 生け簀の甲羅(いけすのこうら)赤レンガ店」へ行ってきました。…
  8. 昨日、母校である日本映画大学から今年の大学案内が届きました。中を開いてみると4ページの"映画の未…
  9. 最近は映画関係の記事ばかりでしたが、今回は別の話題を。というのも先日大変貴重な(痛い)経験をしま…

RECOMMEND

ページ上部へ戻る