全国初・地域おこし協力隊映画、鹿児島オーディションの参加者を募集します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この度鹿児島を舞台とした全国初・地域おこし協力隊映画の制作にあたり、出演者のオーディションを開催します。

【南大隅町開催】2月29日(土)【鹿児島市開催】3月1日(日)

【作品概要】
タイトル:未定(検討中)
監督・脚本:山下大裕作品尺数:約90分
撮影場所:鹿児島県南大隅町及び周辺地域(予定)
企画・製作・制作プロダクション:DYCエンターテインメント
撮影時期:2020年5月(約2週間を予定)
公開時期:2020年11月3日(火・文化の日)全国47都道府県の過疎地で一斉上映

【ストーリー】
やりたいことや目指したい道がないまま東京で一人暮らしをしている主人公(20代女性)が、田舎暮らしへの憧れと人生のリスタートを切りたいという思いから奮起し、本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊に着任する。理想と現実のギャップに悩みながらも地域住民や近隣の地域おこし協力隊らと日々を過ごす中で徐々に自信を取り戻し、自分が本当にやりたかったことが何なのかを見出す旅に出る――。

2020映画制作プロジェクト企画書(A4判2枚PDF)

◆鹿児島オーディション募集要項(A4判PDF2枚)(必ずお読みください)

◆鹿児島オーディションへのご応募はこちらから!(締切:2月24日23:59)


<鹿児島オーディション募集要項>

【募集対象】老若男女問わず幅広く募集(オーディション参加費無料)
(※出演シーンの数は役柄により異なります)
※主演(20代女性)は東京から移住してくる県外出身者という設定の為東京オーディションで選考します。
報酬: 複数シーン出演のキャスト及び俳優を主たる生業としている方はあり(※金額は経歴により要相談)
※ただし演技経験が短い方(概ね1年以内)や未経験の方は薄謝+交通費・食費補助程度となります。
※報酬は実際の撮影日数で計算させていただきます(撮影予備日・衣装合わせ・顔合わせ等は含みません)
※作品に関する全ての交通費・食費・宿泊費につきましては全額制作側で負担いたします。(オーディションのみ自己負担でお願いします)
※移動交通手段は公共バスや自家用車、フェリー、ロケバス等を想定しています。(タクシー・レンタカー代の精算は原則不可)
拘束期間:衣装合わせ・顔合わせ・5月撮影期間の2週間程度のうち役柄により出演日・予備日
報酬が発生する方の支払日:末締め翌々月末振込払い(5月末締め7月末振込払い)

<エントリーされる方の応募資格>
・右記QRコードの企画書にある企画意図を理解した上で映画作りに挑めること(年齢・性別・演技経験不問)
・所属事務所・劇団等がある場合は出演許可を得られること
・2020年5月7日(木)~5月31日(日)のうち撮影スケジュールを優先的にキープできること
・(本案件は多数の取材が予想されるため)制作期間前後のメディア取材に可能な限り協力していただけること

【南大隅町オーディション日程】会場:南大隅町某所(場所や集合時間はご応募いただいた方にのみご案内します)
2020年2月29日(土)A:10時~12時、B:13時~17時、C:18時~21時
【鹿児島市オーディション日程】会場:鹿児島市某所(場所や集合時間はご応募いただいた方にのみご案内します)
2020年3月1日(日)D:10時~12時、E:13時~17時、F:18時~21時
上記日程の中で調整しますのでA~Fの中で参加可能な時間帯をなるべく多くお知らせください。
募集締切後、日程を割り振らせていただき集合時間・場所を個別にメールにてご連絡させていただきます。

【オーディション当日の持ち物】
・履歴書(顔写真・全身写真を含むもので書式は任意)
・演技経験のある方は出演作品リストや映像資料・写真資料など(必須ではありません)

※当日は内部資料としての記録用にビデオ収録及び写真撮影を行わせていただきます。(承諾必須)
※また他にメディア取材や本作メイキングカメラの撮影が入る可能性がございます。(こちらの撮影NGには配慮いたしますので事前にお申しつけください)
※オーディション参加に際する交通費・宿泊費等は自己負担でお願いいたします。
※履歴書は返却いたしませんので予めご了承ください。

【オーディション内容】 ※1人あたりの所要時間は30分程度を予定
①1分間自己PR(自己PRはエアギターのように動きで見せるものではなくご自身の言葉でお話しください) ②監督による面接
③特技披露など(希望者のみ3分以内で披露・エアギター可) ※特技の有無は選考に関わりません
④本読み(台本は2月12日9:00に映画プロジェクトHP【 https://2020eiga.com 】で公開します) ※可能な限り覚えてきてください

【応募方法及び締切】
上記応募資格を確認の上、①簡単なプロフィール、②オーディション希望日(A~Fでなるべく多く記入)、③オーディション応募を決めた理由、④作文『鹿児島の未来について考えること』(400字以内) 、⑤本人または担当マネージャーの連絡先電話番号を記入の上、顔写真添付の上、2020年2月24日23:59までにメール( dycmovie@gmail.com )でご応募ください。(送付内容に関わらず履歴書は当日必ずご持参ください)
締切日以後、オーディション会場および日程・場所の詳細をメールにてお送りいたしますので、PCからのメールを受信しない設定にしている場合はdycmovie@gmail.comからのメールを受信する設定にしておいてください。メールが受信できなかった場合はオーディションに参加できない可能性がございます。その他、映画に関する情報は2020映画制作プロジェクト公式サイト https://2020eiga.comをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、27歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。2017年7月~2018年12月まで本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注ぐ。2019年より再びフリーランスに戻り鹿児島を拠点に10年来の夢を果たすべく奔走中!

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

クラウドファンディング挑戦中!

本土最南端の映画監督
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、27歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。2017年7月~2018年12月まで本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注ぐ。2019年より再びフリーランスに戻り鹿児島を拠点に10年来の夢を果たすべく奔走中!

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. https://youtu.be/h34VdT_IM7Aこの度鹿児島を舞台とした全国初…
  2. 自分のスキルを活かしつつ何か実用的なもので町のPRができないかと考えた結果、これまで撮り続けてきた…
  3. 本土最南端の映画監督山下大裕です。私は全国初の地域おこし協力隊映画を撮るべく日々奔走中ですが、こ…
  4. 「あんたいつまで日本一周ネタを引きずってんの!」とも言われそうですが…。先日鹿児島市のMBCで日…
  5. 去る4月21日(日)全国初の地域おこし協力隊を題材とした映画製作にあたっての事前取材【47都道府県の…
  6. ◆日本一周取材の旅ガソリンスポンサー支援はこちらから◆ →終了18歳の頃から『2020年まで…
  7.                              <PDF版プレスリリースはこちら><発…
  8. ◆南大隅町地域おこし協力隊を退任します本日発行の町報「広報みなみおおすみ」11月号にも掲載さ…
  9. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  10. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
ページ上部へ戻る