6月29日に南大隅町で映画『ふるさとがえり』上映会&日本一周報告会を開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「あんたいつまで日本一周ネタを引きずってんの!」とも言われそうですが…。先日鹿児島市のMBCで日本一周報告会を行ったところ、南大隅町でも是非報告会をやってほしいという声をいろいろな方からいただきました。ありがとうございます。とはいってもまた鹿児島市と同じようにやるのは面白くないので、今度はこんなことを考えてみましたよ!

映画「ふるさとがえり」上映会&山下大裕日本一周取材報告会

全国で1,300回以上上映されたふるさとの未来をつくる物語。南大隅町初上映!当日は映画上映前に南大隅町地域おこし協力隊OBで本土最南端の映画監督山下大裕による日本一周取材報告会も開催!

【日時】2019年6月29日(土)15:30~19:00(15:00開場)

【場所】南大隅町中央公民館文化ホール(南大隅町根占川北226)

【料金】500円(小中高生無料)申込不要・直接お越しください

【トークゲスト】映画「ふるさとがえり」監督 林 弘樹 氏

【タイムテーブル】
 15:00 開場
 15:30 山下大裕日本一周取材報告会
 16:00 映画「ふるさとがえり」上映
 18:15 林弘樹監督×山下大裕トークショー
 19:00 終了(予定)

Facebookイベントページはこちら

<映画『ふるさとがえり』予告編>

映画「ふるさとがえり」あらすじ
助監督をやめ、生まれ故郷の「栗里町」へ帰った相田勘治は、久しぶりに再会した幼なじみの仲間に強引に地元の消防団に入団させられる。20 年前、亀を助けた 4 人の子どもたちの物語と交差しながら、消防団活動にひたむきに取組む旧友たちの姿に勘治の心も少しずつ変わっていく……。

◆監督:林弘樹
◆脚本:栗山宗大
◆キャスト:相田勘治(渋江譲二)、加藤百合(佐藤仁美)、相田寿三郎(河原崎健三)、相田美恵(高畑淳子)、相田豊(村田雄浩)、和尚(笑福亭鶴光)、所長(斉藤洋介)など
◆企画:えな「心の合併」プロジェクト/FireWorks
◆プロデューサー:三浦 修
◆協力:恵那市/岐阜県/恵那ふるさと映画支援の会
◆制作:FireWorks/恵那ふるさと映画制作実行委員会
◆配給:NAKED INC
映画「ふるさとがえり」公式ホームページ


関係者向け試写会の反応は上々!これはいける!

6月29日に南大隅町で上映会を行う映画「ふるさとがえり」の関係者試写を2日に行ったのですがものすごく反応が良かったです!これは自分一人が良いと思っただけではないなと確信を持ちました。

参加してもらった協力者の方々からは「南大隅町の消防団も高齢化がかなり進んでいる。消防団員に是非見て欲しい(地域の消防団の姿がしっかり取り上げられている作品のため)」「前情報なく地域映画の一つだと思って観たが、圧倒されて頭をぶん殴られたかのような衝撃を受けている」「作品に詰まっているものがたくさんあり余韻がすごい。本当に一人でも多くの人に見て欲しい」「南大隅町の子どもたちにも見て欲しい」といった声のほか、主人公が映画監督を目指していた男性であることから「主人公を山下さん(私)に重ね合わせて観て感動した」といった声もあり、これは南大隅町でも上映し甲斐のある作品だなと思わされるものがありました。

私自身もフルで見たのは今回が初めてだったのですが、とても心を揺さぶられる作品でした。毎日を大事にしながら生きているつもりですがもっともっと大事にしようと思いましたし、やはり悔いのない生き方をすべきだと再認識させられました。当日はそんな本作を撮られた林監督と共にトークショーをできることが非常に楽しみです。

南大隅町でふだんあまりない有料のイベントを開催するのは非常に勇気がいるのですがそれでも開催の価値があるということは断言できます。入場料は本当は1,000円にしようと思っていましたがより手軽に観ていただきたいという私の強い思いから500円に設定しています。(小中高生は無料)

この思いがどうか伝わって欲しいと強く思います。思うだけではどうしようもないので私自身全力でPRを行っていきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、27歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。2017年7月~2018年12月まで本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注ぐ。2019年より再びフリーランスに戻り鹿児島を拠点に10年来の夢を果たすべく奔走中!

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

クラウドファンディング挑戦中!

本土最南端の映画監督
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、27歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。2017年7月~2018年12月まで本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注ぐ。2019年より再びフリーランスに戻り鹿児島を拠点に10年来の夢を果たすべく奔走中!

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

アーカイブ

おすすめの記事

  1. 本土最南端の映画監督山下大裕です。私は全国初の地域おこし協力隊映画を撮るべく日々奔走中ですが、こ…
  2. 「あんたいつまで日本一周ネタを引きずってんの!」とも言われそうですが…。先日鹿児島市のMBCで日…
  3. 去る4月21日(日)全国初の地域おこし協力隊を題材とした映画製作にあたっての事前取材【47都道府県の…
  4. ◆日本一周取材の旅ガソリンスポンサー支援はこちらから◆ →終了18歳の頃から『2020年まで…
  5.                              <PDF版プレスリリースはこちら><発…
  6. ◆南大隅町地域おこし協力隊を退任します本日発行の町報「広報みなみおおすみ」11月号にも掲載さ…
  7. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  8. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
  9. 敦賀赤レンガ倉庫の「海鮮Dining 生け簀の甲羅(いけすのこうら)赤レンガ店」へ行ってきました。…
  10. 昨日、母校である日本映画大学から今年の大学案内が届きました。中を開いてみると4ページの"映画の未…
ページ上部へ戻る