【ご報告】雄川の滝お土産SHOP「EMERALD」撤退のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


私の活動を応援いただいている皆様いつもありがとうございます。おかげさまで地域おこし協力隊退任後もいろいろとメディアに取り上げていただき夢の実現に向けて軌道に乗りつつあります。また3月3日から回っていく日本一周地域おこし協力隊を訪ねる旅でもたくさんの方々にお世話になります。

私のホームページやSNSでは普段から明るい話題を中心に投稿しておりますが今日は一つ残念なお知らせと言いますかご報告しなければならないことがございます。本件につきましては一度しっかり向き合って発言しなければならないと思いましたしこのまま撤退のことに触れず日本一周に発つのは私の生き方にも反しますのでこのような投稿をお許しください。気を悪くされる方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。また合わせて本投稿につきましては他者を批判する意図は全くないものであり、私自身による事実報告のみが目的であることを先に申し上げておきます。(一部・全文の無断転載・外部リンクは一切お断りいたします)


2018年4月28日から雄川の滝オリジナルグッズを取り扱う唯一のお土産SHOPとして、私が地域おこし協力隊業務とは別で雄川の滝「aqua base cafe」内に個人的に展開していた「EMERALD」ですが、一身上の都合により本日2019年2月28日をもって撤退する運びとなりました。

※これは私の物販事業者テナントとしての撤退でaqua base cafe自体は今後も引き続き運営されます。誤解されませんようご注意ください。(なおcafeは移転準備のため3月1日より一時休業となります)

全国各地から多くの観光客がお越しになっている雄川の滝ですのでお土産SHOPの必要性は今後も絶対的にあるものだと感じております。しかし私自身、本来鹿児島に移住してきた目的である映画制作に本腰を入れるためには毎日店頭に立つ訳にもいかず、かと言ってその分スタッフを雇って継続するまでの経済的余裕はないのが現状です。

新しくオリジナルグッズの開発をする楽しさはありながらも協力隊としての給料の中で全ての開発経費・人件費・賃料を捻出し回していくことはとても大変でした。これは私が役場の協力隊業務時間外に認められている副業で県内外から映像の仕事を取って回していたからこそ成立していたもので、実際協力隊が協力隊の給料だけで生活と両立させながら回していくには難しかったのも事実です。

こうした厳しい状況を招いたのは在庫を抱える商売に初挑戦した私の実力のなさが最大の要因です。他の誰かのせいではなく完全に自分の責任です。ただ実際この1年お土産SHOPで商品展開をしたことで全国各地に雄川の滝の思い出を持って帰っていただくことができたので、お土産が全く何もないまま同じ1年を迎えた場合よりかはお客様満足度を高めることができたのではないかとその1点に関しては自負しています。(また余談ですが雄川の滝カレンダーにつきましては大河ドラマ出演者の皆様にも南大隅町を盛り上げてくださったお礼として個人的に事務所宛に2枚ずつお送りしています)

私自身、雄川の滝でオリジナルグッズが購入できるスポットはなくしてはならないと思っており、もともとは地域おこし協力隊退任後も多少無理をしてでも継続していこうと考えていました。しかし、これまでの数字や条件などから私レベルの財力では多少の無理では続けていけないことが分かり、非常に悔しいところではありますがこれにて幕を引かざるを得ない形となりました。このように結果的に撤退しなければならない状況になったことに対しては私も無念でなりません。

それでもこんなありがたいことがありました。世間から漏れ聞こえるいろいろな意見や、噂話から派生したあることないことが私の耳にも入ってくる中で、自分の試算していた数値まで売上が伸ばせず一人頭を抱えていた頃のことです。渦中の私に関わるメリットなんて何一つなくむしろリスクしかないにも関わらず、噂話に惑わされず声を掛け支えてくださった方がほんの数名いらしたのです。

その方たちは売上を伸ばすために一緒にアイデアを考えてくださったり、滞在時間を延ばすため商品棚を一から手作りしてくださったり、お客様が商品を手に取りやすいようPOPを書き直してくださったり(その後売上アップ)と、これらを全てボランティアで支えてくださいました。辛い時に見捨てられた記憶が消えないのと同様、辛いときに助けられた記憶も一生消えることはありません。この方たちにいつか必ず恩返しができるよう一人の人間としていち早く成長したいと胸に誓っています。

※ご本人たちはきっとお名前を出すことを憚られると思いますが私のピンチを救ってくださったのは『葉っぱDELI』の皆さんです。私が県内外からの多様なゲストを必ず『葉っぱDELI』にお連れしている理由は単におしゃれで料理が美味しいからではなく、この人情というか静かなる優しさに心底惚れたからです。『葉っぱDELI』の皆さん方のフォローがなければ2月末まで継続することは絶対にできませんでした。こんな大人になりたいと心から思わされました。

撤退後の商品在庫に関しては店頭販売を終了し南大隅町の観光PRも兼ねて3月3日から展開する日本一周地域おこし協力隊を訪ねる旅の道中及びオンラインショップにて在庫限りで販売いたします。地域おこし協力隊は退任しましたが、私は今後も私にできる形での南大隅町の地域活性化に取り組んでまいりたいと思いますので引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

僅か1年足らずではありましたが、お客様から映画監督プロデュースのオリジナルグッズに興味を持っていただいたりお声かけいただいたこと、また雄川の滝の最盛期に商品開発に関われたことを大変嬉しく思います。経営者としては未熟な部分も多々ありましたがこのタイミングでお土産SHOP運営に挑戦したこと自体は私の人生において全く無駄ではないと考えています。これらの経験を今後の役に立てることで挽回していきます。私が南大隅という町自体が大好きなことに変わりはありません。

最後になりましたがこれまでグッズをお買い上げくださった全ての皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。

※これは私の物販事業者テナントとしての撤退でaqua base cafe自体は今後も引き続き運営されます。誤解されませんようご注意ください。(なおcafeは移転準備のため3月1日より一時休業となります)

※これらの文章全てに私の血が通っていますので、無断で一部または全文を切り取って記事化したり不適切なサイトに外部リンクを張ることは一切禁じます。発覚した場合厳正に対処させていただきます。


<おまけ> ~店内大改装の日のエピソード~
2018年8月10日(金)夏休みの真っただ中『葉っぱDELI』の夜営業終了後木材を抱えて駆けつけてくださったお二人。翌日からのお盆休みになんとか間に合わせる形で深夜1時までかけてオリジナルの商品棚を作ってくださいました。この大改装と手書きのPOP差し替え(POP作成はセンス抜群な他の店員の方)によってどれだけ救われたことか…。おまけに作業を手伝おうとした僕には「どうせ腹減ってるんだろうから飯でも食って待ってな!」と言って手作りのお惣菜とおにぎりとコーラを渡してくださったりと。さすがにこの日ばかりは泣きそうになりました。

 

 

 

 

 

 

地元の食材を使った想像を絶する美味さの佐多街道ランチ1,680円+税(小鉢は日によって異なる)


◆雄川の滝オリジナルグッズは下記から購入できます(在庫限りで販売終了)

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、26歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。2017年7月~2018年12月まで本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注ぐ。2019年より再びフリーランスに戻り鹿児島を拠点に10年来の夢を果たすべく奔走中!

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

本土最南端の映画監督
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、26歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。2017年7月~2018年12月まで本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注ぐ。2019年より再びフリーランスに戻り鹿児島を拠点に10年来の夢を果たすべく奔走中!

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

アーカイブ

おすすめの記事

  1. ◆日本一周取材の旅ガソリンスポンサー支援はこちらから◆18歳の頃から『2020年までに全…
  2.                              <PDF版プレスリリースはこちら><発…
  3. ◆南大隅町地域おこし協力隊を退任します本日発行の町報「広報みなみおおすみ」11月号にも掲載さ…
  4. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  5. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
  6. 敦賀赤レンガ倉庫の「海鮮Dining 生け簀の甲羅(いけすのこうら)赤レンガ店」へ行ってきました。…
  7. 昨日、母校である日本映画大学から今年の大学案内が届きました。中を開いてみると4ページの"映画の未…
  8. 最近は映画関係の記事ばかりでしたが、今回は別の話題を。というのも先日大変貴重な(痛い)経験をしま…
ページ上部へ戻る