劇団昴「暗いところで待ち合わせ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2012.1.14 シアターグリーンにて

 小説家乙一氏の原作で2006年に映画化もされた「暗いところで待ち合わせ」。大学の授業「映画と演劇」のレポート題材を考えていたところ、ちょうどいいタイミングで本作の上演を知り観に行ってきました。舞台のチケットはいつもだいたい予約しておくのですが問い合わせると前売り完売ということだったので、今回は珍しく当日券狙いで並ぶことに。受付1時間前に会場へ着くと既に2名ほど並び始めていたので急いでその後ろにつき、近くのジュンク堂で買ってきた本作の原作を読みながら時間をつぶします。劇団昴の公演を観るのは今回が初めてです。

 開場し中へ入るとなんとも素晴らしいセットが組まれているのです。座席は最前列上手から三番目で角度が少し厳しいところでしたが満足です。駅が重要になってくるこの作品をどう表現するのかと思っていましたが、家の壁紙を取り去って骨組みだけ残すことによってその後ろにしっかり駅のセットが出来上がっていました(言葉では伝わりにくいかもしれませんが)。
 そして開演。本作はチェロ奏者坂本弘道氏による生演奏が取り入れられているのですが、それが頭からとてもいい味を出していました。序盤の時点でいい作品になりそうな匂いがぷんぷんしており、実際に見終えてみるととても美しい作品だったと思いました。

 この作品、観て本当に良かったと思います。Twitterでも書きましたが僕にとってはここ1年の間に観た舞台の中で最も心に響く作品でした。初めて舞台を観て涙が出ました。こんなことは今までになく自分でも驚きでした。ポイントは2つほどありました。
 まず前半でミチルとアキヒロが同級生にいじめられているシーン。これがとてもうまく出来ている上に思いのほか時間が長く観ていられない程辛くなりポロポロと。過大評価しているのでは決してなく、本当に心に穴が開きそうな程切ないシーンでした。
 もう1つは同じく前半、父親の葬儀に会場に来た元妻が駅で電車を待っているシーン。現在の娘と学生時代の娘(実際にはあり得ないが本作では同一人物の設定で年齢の違う2人が時折同時に登場している)が遠くに見える母親に向かって「お母さん、お母さん」と大声で叫び続けるところ。これも結構長い間叫んでいる。とても切ない、ポロポロ。
 後半ではもう泣きませんでしたが、アキヒロがミチルに寄り添い外の道を歩いていくシーンはとても幻想的で美しかったです。雪の演出がわざとらしくなく好感を持ちました。
 また全体の中で複数回に渡って出てきた人々の通勤・通学する様子、あの場面はこの作品の上で結構重要な要素だったと思いました。上から目線の言い方で大変恐縮ですがとても良かったと思います。

 映画演出はもちろん舞台演出の方にもかなり興味があるのですが、いつかこのような作品が作れたらいいなと心から思いました。自分で言うのもなんですが普段泣かない人を泣かせるぐらいのものを是非作りたいです。これは映画舞台問わず思いますね。
 この作品、舞台で観るからこそいいものなのだとは思うのですが映像でもいいからもう一度でも二度でも観たいと思いました。DVD化してほしいと個人的に思います。

 一つ気になるのは僕が劇団昴の役者さんの演技、寺十吾さんの演出、乙一さんの原作、坂本弘道さんの音楽のどれに泣かされたのかということ。もちろん全ての結集によってだとは思うのですが僕は特に何に惹かれたのか。これはこの作品を見ただけでは分かりません。今後劇団昴さんの公演予定もあるようですし、寺十吾さん演出の舞台も3月末にあるとお聞きしました。坂本弘道さんも演奏会を行っており乙一さんも映画を撮られるなどしているとのことですので、今後これらの作品や演奏会にも是非行ってみたいと思います。
 劇団昴公演「暗いところで待ち合わせ」関係者の皆様、素敵なひと時をありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山下 大裕映画監督・DYCエンターテインメント代表

投稿者プロフィール

1992年6月9日生まれ、26歳。福井県敦賀市出身。敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部映画学科脚本演出コース1期卒業生。20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。現在は本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注いでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

ABOUT ME

本土最南端の映画監督
DYCエンターテインメント 代表:山下大裕


1992年6月9日生まれ、26歳。福井県敦賀市出身。
敦賀高校普通科→日本映画大学映画学部1期卒業生。

20歳の冬を迎えた2013年、地元敦賀を舞台にした自主製作映画『SNOWGIRL』(62分)を初監督し、2015年には敦賀映画第2弾と銘打ちオール敦賀ロケで『弥生の虹』(74分)を監督。2017年には敦賀市からの依頼を受け観光ショートムービー『いつか、きらめきたくて。』(全四話)の監督や敦賀市市制80周年記念映像『敦賀市 80年のあゆみ』の構成・撮影・編集を務める。18歳の頃から“2020年までに全国公開作を撮る”と公言し日々奮闘中。2017年7月~2018年12月まで本土最南端の鹿児島県南大隅町地域おこし協力隊として映像での地域活性化に力を注ぐ。2019年より再びフリーランスに戻り鹿児島を拠点に10年来の夢を果たすべく奔走中!

カウントダウンタイマー

*LINEでブログ更新通知を受け取る

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 敦賀情報へ

監督作品(クリックで予告編にジャンプ)

snowgirl_mini_c-01
yayoinoniji_mini_c-01

Facebook

DYCマガジン《希望者に無料送付中》

アーカイブ

おすすめの記事

  1. ◆南大隅町地域おこし協力隊を退任します本日発行の町報「広報みなみおおすみ」11月号にも掲載さ…
  2. 諸々公表できる段階に至ったのでご報告させていただきます。11月10日(土)に私の母校であ…
  3. 12月2日(日)上演の【かのや明治維新150周年記念事業創作市民歌舞劇『西郷どんと大久保どん』】出演…
  4. かのや明治維新150周年記念事業創作市民歌舞劇『西郷どんと大久保どん』【公演日】平成30年12月…
  5. 突然ですが、舞台に出ます。(5年ぶり6度目)※こちらは地域おこし協力隊活動ではなく完全プライベー…
  6. びっくりするニュースが入ってまいりました!なんと我が町南大隅町で全国公開映画が製作決定!作品…
  7. 先週より放映開始となったNHK大河ドラマ『西郷どん』ですが、オープニング(タイトルバック)に抜擢され…
  8. ※撮影現場での修正により本編と異なっている箇所がいくつかございます。※印刷して読みたい方はこちら…
  9. ちょっと真面目に物事を考えていたり何かに積極的に取り組んでいる人に対し意識高い系と馬鹿にする…
  10. 敦賀赤レンガ倉庫の「海鮮Dining 生け簀の甲羅(いけすのこうら)赤レンガ店」へ行ってきました。…
ページ上部へ戻る